鶴川記念病院では入院中の食事を楽しむことができる


鶴川記念病院は、多摩丘陵の一端にあるので、周囲は緑が多く、小鳥の声がよく聞こえてくるような豊かな自然の中にあります。
そのような恵まれた環境の中で、高齢者医療やリハビリテーションや在宅医療などを行っています。
この病院は、聖マリアンナ医科大学の教育関連病院なので、医療体制が人員・施設ともに充実しているのですが、それだけでなく入院中の食事にもかなり力を入れているようです。
例えば、食材である肉や野菜や魚は、できるだけ新鮮で安全なものを仕入れています。
月に1度患者さんに出される行事食は、見た目も華やかで、品数が多く、スタッフが丹精を込めて作っているので、かなり好評のようです。
それぞれの患者さんを担当する栄養士がついているので、安心して食べることができそうです。
ちなみに職員にも月に1度食べることができるイベント食があり、ボリューム満点のパワフルランチでハードワークをサポートしています。
入院の食事というと、味気ないイメージがあるかもしれせんが、鶴川記念病院では、食事タイムがとても楽しいひと時になりそうですね。

http://www.szmog.info/