謝罪する気持ちを伝えてから進めたい交通事故の示談金

日本に住んでいる以上、誰もが交通事故に遭う可能性があると覚悟しておくべきです。
特にドライバーであれば、加害者、被害者の双方になる確率が高く、その時にどう行動するかをあらかじめ大まかにでも知っておくと良いでしょう。
加害者側になったとすれば、まず被害者に対して心からの謝罪が必要です。
この謝罪がまずあって、ようやく自動車の修理費や、怪我の治療費などの対応が進められていくのです。
この謝罪をしない、適当に済ませたとあっては、たとえ全ての過失を加害者側が受け入れ、全ての責任を取ると明言したとしても、交渉終了後には、必ず遺恨が残ってしまうはずです。
仮にその様に進めてしまった場合、示談金に関する意味合いも、被害者側は誤解して受け止めてしまうでしょう。
加害者側は、誠意を形として見せるために示談金を支払っているつもりなのに、被害者側は、これを犯罪の軽減を目的とした行動だと捉えてしまう可能性があるのです。
加害者側は出来るだけ少なく、被害者側は出来るだけ多く示談金を求めるものですが、この金額に関する交渉の進め方よりも、どれだけ謝罪する心があるのか、それを態度に見せるのか、決して軽んじてはいけない理由は、そこにあるのです。

http://www.szmog.info/