酸化還元電位は身体にいい水について見分けるポイントです

すべての生き物に欠かせない物、それは「水」です。
私たち人間も水なしでは生きていくことはできません。
その水について、私たちは文明が進歩して、いつでも上水道の水が飲めるので、余り関心を払っていないかもしれませんが、本当に、私たち人間にとって安心で健康に良い水とはどのようなものなのでしょうか?
もう少し水について考えてみてはどうでしょうか。
ここで注目されるのが「酸化還元電位」という言葉です。
これはおいしくて健康によい水の条件を示す有力な指標とされています。
学生時代、化学で習ったことがあるかもしれませんが、酸化還元電位、RedoxpotentialあるいはOxidation-reductionPotential;ORP)とは、物質の電子の放出のしやすさ、または受け取りやすさを一定用量に評価する尺度として使われています。
この値が高いと、つまりプラス側になると酸化しやすい状態で、逆にマイナス側であれば、還元しやすい状態ということです。
酸化というと物がサビたり、腐ったりすること現象ですから、人間の身体も酸化するというのは好ましくなく、還元と言うのは、サビがとれるような浄化される状態ですから、酸化還元電位の低い水ほど健康にいい水といえるでしょう。
おすすめはコチラ

http://www.szmog.info/