注目され始めているロハスソーラージャパン

今、私たちが当たり前に使っている電気。
もし、私たちの生活から消えてしまえば不便どころではありません。
でも、今まではそのようなことには無縁でした。
しかし、原子力発電所の事故の後、私たちの電気に対する考え方が大きく変わりました。
私たちが住んでいるところより遠くで問題が発生して、電気が供給されなくなるのかもしれない。
それに地域に一社しか電力会社しかないからどれだけ電気料金が高くなっても電気料金を支払わざるを得ない。
そのような考え方が今の私たちの頭の片隅に生まれました。
そのためか、自家発電がおこなえる太陽光発電、そして政府の政策による電力自由化による新たな電力会社が現在注目を集めています。
その中で特に注目を集めているロハスソーラージャパンは今年の7月に電力自由化によって新電力となり、効率の良い発電や業務内容の合理化を図ることによって、非常に低コストに電力の提供に成功し、メガソーラーパネルを積極的に導入するなど現在、日本全国の電力供給を目指して経営を行っています。
今後新たなる発展と競争が起きるであろう、電力業界。
どのように勢力が推移するのか見守っていきたいところです。

http://www.szmog.info/