株式会社いずみホールディングスが起こす革命

生鮮食品の生産者は卸売業者などに商品を売り、そのお金で生計を立てています。
しかし、生鮮食品の場合には多くの中間業者が存在するため、そのすべてにおいてコストが発生してしまうのです。
そのようなコストを考えた場合、どうしても生産者には微々たる利益しか残りません。

そのため、流通経路を改革することが求められてきました。
株式会社いずみホールディングスでは、生産者と消費者の間をできるだけ近づけることでコストダウンを実現した企業です。
また、新しいマネタイズポイントを流通過程の外に創り出し、卸売市場の概念を変えるような取り組みをしています。

その取り組みとは、会社のプラットフォームにおいて飲食店や量販店などに情報や広告を提供します。
さらに、このような情報を企業やメーカーのPR活動に使うことで、生産者に大きなビジネスチャンスをもたらすことが出来るのです。
利益は新しいモチベーションを生み出すため、さらなるクオリティの向上を期待することが出来ます。
https://www.inshokuten.com/supplier/company/1186

http://www.szmog.info/