これからの新しい働き方について思う事

現在は、昭和的な思想の経営者とIT系の経営者のように新しい働き方を模索している企業と二分しております。
働き方改革であったり、ブラック企業叩きなどによって、サービス残業や有休取得問題、出勤時間前に掃除を強要するなどが悪しき習慣であると認識している労働者が増えてきておりますが、産休や育休などを取りずらいと感じている方がいるのも事実です。
そういった日本の労働環境をいかに変化させていくのかが、これからの日本の経済発展に必要なファクターとなってきているのです。

IT系の経営者の中には、積極的に労働環境を整えるために努力している方がいます。
そういった方の下で働いている方の離職率は平均と比較してかなり低くなっております。
離職率の低下は、経営の安定に繋がりますので、多少の金銭的な負担があったとしても、積極的に行うべきです。
色々な労働環境の改善策はありますが、最近ではRobotic Process Automationサービスなどを積極的に取り入れる企業が増えてきました。
特にコボットのように、面倒な作業を全て自動化することができるRobotic Process Automationサービスなどは、非常に重宝されています。
社員の離職率を下げるためにも、Robotic Process Automationサービスの導入を検討してみてください。

http://www.szmog.info/