正確な書類を青色申告で提出するために必要な専用ソフト

白色申告よりも青色申告のほうが、色々とそろえなければならない書類や記入すべき項目が多い分、どうしても作成に時間が掛かってしまいます。
確定申告書に事業収入や源泉徴収税額の記入するところまでは同じなのですが、青色申告決算書という物も用意しなければならず、これには売り上げや必要経費の記入、その結果、一年間でどれだけの損益という結果となったのかを明らかにする事。
その過程となる詳細情報を明らかにし、それを証明する明細書を全てそろえなければなりません。
また運営上発生した賃借に関する情報も、これに該当する個人事業主は用意する必要があり、ここまでを全てそろえて提出する事で、翌年の税金額が決定するのです。
それだけに、どんなに面倒と思ったとしても、これを正確に行う必要があります。
たとえ意図した改ざんや間違いがなかったとしても、場合によってはペナルティを課せられる可能性もありますので、くれぐれも慎重に対応したいところです。
とは言え、人力ではこれだけの書類を用意するのは、おそらく相当な時間を要する事となるでしょう。
また、間違いが起こりうる可能性もあります。
ここは必要となるデータを入手、整理する段階から専用のソフトを活用すべきでしょう。
少なくとも計算上の間違いは回避できるメリットはありますし、最近のソフトは、その作りの良さから、人に変わって作業のほとんどを自動で行ってくれます。

http://www.szmog.info/