ビットコインの仕組み

ビットコインとは、インターネット上で流通している仮想通貨で、電子マネーとして利用ができます。
流通を管理する事業団体や国家はなく、米ドルや円などの現実にある通過との交換は、ウェブ上の取引所を通して行います。
決算で金融機関を経由することがないので、諸経費や手数料が一切発生しない仕組みになっているのです。
小口の売買や個人での取引で、特に国境を越えた送金や決済の際に使用されています。
ユーザーがMiner(マイナー)と呼ばれるビットコイン採掘ソフトを使い、高度な演算問題を解くことにより通貨の発行が行われるのです。
この作業を、「mining(採掘)」と呼んでいます。
採掘している人の、PCのスペックによって、ビットコインネットワークは運営され、ネットワークを維持する報酬として、コインを貰うことができるという仕組みです。
ただし、発行量が増えることによって、演算処理が複雑になり、2100万BTC以上は発行できないように設計されているのです。
コインが掘りつくされた後は、流通している取引所で購入するしかありません。
誰からも影響を受けることなく、普遍的に価値を生み出すという観点に加え、手軽さと利便性の高さで、大手企業が決算に採用するようになりました。

http://www.szmog.info/