吉祥寺の審美歯科でオールセラミック治療

セラミックは陶製の歯科素材で、光の透過性もあるために天然歯に近い透明感のある仕上がりが特徴です。
セラミックにもいくつかの種類があり、プラスチックなどを混ぜていないセラミック100パーセントの素材がオールセラミックです。
オールセラミックは審美歯科のいろいろな治療に使われていて、最近のオールセラミックは品質が向上し耐久性も高くなっています。
オールセラミックを使った審美歯科治療のひとつが、歯そのものの黄ばみや変色でホワイトニング以上に白くしたい・色の戻りの心配をなくしたいというケースに適したオールセラミックラミネートベニアです。
この治療では、歯の一番の表層を削りその部分に薄いオールセラミックを貼り付けることで審美性の高い仕上がりが可能です。
武蔵野市吉祥寺の審美歯科吉祥寺セントラルクリニックでは、変色や軽度の歯並び異常の治療にオールセラミックラミネートベニア治療をしています。
特に、体内で歯が造られる時期に服用した抗生剤の副作用により萌出時から既に変色があった方では治療を諦めていることが多いのですが、吉祥寺セントラルクリニックでは短時間で希望のトーンに、また歯にも負担を少なくきれいにしています。
審美歯科・ホワイトニングなら東京・武蔵野市の吉祥寺セントラルクリニック

http://www.szmog.info/