医療で注目のシニアレジデント

後期高齢者もこれから多くなり、ますます医療の世界では医師不足に悩まされます。
そして、これからは医療の世界でも、専門知識を高めた技術も必要になってくるでしょう。
そのためにも、高度医療が必要になり、多くの人を助けるための人材を育ていく必要性もあるのです。
そんな医学界で注目されているのが、シニアレジデントです。
このシニアレジデントとは、後期臨床研修医のことをさします。
地域医療や高度医療までの幅広い範囲の医療を行っています。
多彩な医学学ぶことができ、充実した研修ができるのです。
特に東京医科大学では、このシニアレジデントに力を入れています。
教育面でもプランをたて、社会人大学院コースを設けています。
東京医科大学では、臨床研究として腰部脊柱管狭窄症の治療やプロサッカースポーツを含めた膝と肩のスポーツ医学に、人工関節の耐久性、骨延長、骨軟部腫瘍などを行っています。
基礎研究としては、人工関節の摩耗に骨代謝、軟骨代謝や筋代謝腫瘍、神経電気生理学的研究といったものを研究しているのです。
その他の活動も海外学会発表、海外留学、共同研究に他施設との交流などもしており、医学界では注目の後期臨床研修医となっています。

※ここも参考になります

http://www.szmog.info/